<noframes id="3hxhf"><dl id="3hxhf"></dl>
<i id="3hxhf"></i>

      <i id="3hxhf"></i>
      <video id="3hxhf"></video><dl id="3hxhf"><pre id="3hxhf"><mark id="3hxhf"></mark></pre></dl><ol id="3hxhf"></ol>

      <p id="3hxhf"><output id="3hxhf"><delect id="3hxhf"></delect></output></p>

      <dfn id="3hxhf"></dfn>

      JUN

      NEWS

      「ファッション イン ジャパン 1945-2020 ー流行と社會」に1970年代のジュンのCMを出展

      「ファッション イン ジャパン 1945-2020 ー流行と社會」に1970年代のジュンのCMを出展

      2021.06.09
      COMPANY
      2021年6月9日(水)より國立新美術館にて「ファッション イン ジャパン 1945-2020 ―流行と社會」東京展が開催されます。
      この展覧會は、豊かな表現を生み出すきっかけとなった明治期以降の社會狀況や流行といった現象を発端に、戦後から現在に至るまでの日本のファッションの歴史を通観することができる展覧會です。

      その歴史の一部として、1958年創業のジュングループより、1970年代のテレビコマーシャル映像4點を出展いたしました。
      1970年、ジュンはイメージを重視した新しい広報戦略として、映像美を追求したテレビコマーシャルを放映。
      自社の洋服を必ずしも使用していない畫期的なテレビコマーシャルは、1970年~72年にはタッド若松、72年~73年にはデヴィッド?ハミルトン、73年にリチャード?アヴェドン、76年にはデヴィッド?ベイリー、78年にはセルジュ?ルタンス、80年にはヘルムート?ニュートン、その後80年代にはサイトウマコトが手がけました。
      本展覧會に出展したアヴェドンの撮影に際し、ジュンが提示した唯一の條件は「女性に男性の洋服を著せること」。それ以外はモデルの選考からすべてアヴェドンに一任され、その幻想的で美しい映像は若者たちの心を鷲摑みにし、ファッションへの憧憬の念を強くさせるものでした。

      本展覧會で、世界に誇る日本のファッション文化のすべてとともに、今も色褪せないテレビコマーシャル映像を是非ご覧ください。

      fij_poster.jpg

      ?ファッション イン ジャパン 1945-2020 ―流行と社會流行と社會? 
      https://fij2020.jp
      東京展 國立新美術館2021年6月9日(水)~9月6日(月)

      RELATED NEWS

      FOLLOW
      CHINESE熟女熟妇1乱,风韵犹存的老熟妇岳,成年女人毛片免费观看中文,HDXXX中国女人