<noframes id="3hxhf"><dl id="3hxhf"></dl>
<i id="3hxhf"></i>

      <i id="3hxhf"></i>
      <video id="3hxhf"></video><dl id="3hxhf"><pre id="3hxhf"><mark id="3hxhf"></mark></pre></dl><ol id="3hxhf"></ol>

      <p id="3hxhf"><output id="3hxhf"><delect id="3hxhf"></delect></output></p>

      <dfn id="3hxhf"></dfn>

      JUN

      HISTORY

      ※記載されているブランドのコンセプト等は、創設時に基づいた內容になります。

      1958

      「株式會社ジュン」創業
      海水パンツが、すべての始まり?!赣筏い猡韦瑹oいなら作ろう!」と現會長が赤いチェック柄のメンズスイムウエアを開発。當時では珍しいその革新的なデザインは話題を呼び、即日完売しました。

      「JUNMEN(ジュンメン)」誕生
      アイビールックとは一線を畫したヨーロピアンスタイル?!癈lassical Elegance” をコンセプトにしたメンズ服を、素材やデザインに時代という要素を加えて、リミックスなスタイルで提案。

      1960

      日本を変えた赤いセーター
      男性が明るい色を著る習慣が無かった日本で、目の覚めるような真っ赤なニットを発売。映畫スターたちが著たことから一般のファンへと一気に広がり、男性も自由におしゃれをする時代の幕開けとなりました。

      1967

      多彩なアーティストとコラボ
      JUNは劇作家?寺山修司主催の劇団「天井桟敷」に協賛し、橫尾忠則や宇野亜喜良がポスターを制作。60年代後半、自社広告ではサイトウマコトや日比野克彥など、日本でも有數なクリエイターたちを次々と起用しました。

      1968

      「ROPé(ロペ)」誕生
      メンズ服の要素をレディスへ。ブランド名は南仏コートダジュールの『ST.ROPEZ(サントロペ)』に由來。パリのエスプリを意識したテイストで、前立ての合わせから、型、生地、著こなしまで、メンズ服の要素を反映させたレディスブランド「ロペ」が誕生。

      1971

      「J&R(ジェイ?アンド?アール)」誕生
      さまざまなシーンで著る人を心地よく、ポジティブな気分にするスタイリング。自由でアクティブ、フレキシブルに輝いているインテリジェンスな大人の女性たちへ、クチュール感覚のモダンエレガンスを提案。
      數シーズンにわたって展開したフィリップ?ディクソン×タチアナ?パティッツのビジュアルが話題に。

      「DOMON(ドモン)」誕生
      レディスブランドの「ROPé」がプロデュースした、“女性が考える、洗練された男たちの服”がコンセプト。パリのエスプリを感じさせる服づくりを目指して、少年が少し不良っぽい大人に憧れる気分を表現。

      1972

      衝撃的な広告を展開
      70年代は、「ROPé」のリチャード?アヴェドンによるタキシードを著た女性のCMが話題に。他にもヘルムート?ニュートン、セルジュ?ルタンス、デヴィッド?ベイリーなど世界でも名立たるクリエイターやモデルを使って衝撃的な広告を展開しました。

      「Café de Ropé(カフェ ド ロペ)」誕生
      東京?原宿に、日本初のオープンカフェの先駆けとなる「カフェ ド ロペ」をオープン。蕓能人やクリエイターなどおしゃれな人たちが集い、國內外から注目を浴びました。カフェ?オレやペリエを初めて提供したのもここ。

      「LA FACETTE(ラ ファセット)」誕生
      “ヘアスタイルでファッションは決まる?!饱廿ⅴ攻骏ぅ毪楗醛`タルファッションを考える、サロン的雰囲気を併せ持つヘアスタジオ。ファッションの知識をベースにヘアスタイルのプロデュースを行う美容室をオープン。

      1973

      「DISCO J&R」誕生
      流行の走りだったディスコを、銀座J&R館內にいち早くオープン。その運営を始め、「ソウル?トレイン」などの番組も提供。出演者たちが著たJUNのロゴ入りTシャツは大ヒットし、一大ムーブメントを巻き起こしました。

      1975

      「JUN CLASSIC COUNTRY CLUB(ジュンクラシックカントリークラブ) 」オープン
      栃木県?那須に、伝説のゴルファー、ジーン?サラゼンがコースを監修した、和風リゾート的な趣のあるゴルフ場「J.C.C.C」をオープン。サラゼンの名を冠したクラブハウスや、大自然に囲まれた攻守のリズムを必要とする名門コースは、ゴルファーを魅了し続けています。

      1976

      「FASHION BOARD」始動
      ファッションを、アートを、街に。日本初となるファッションボード事業をスタート。屋外広告の歴史を司り、”時代を映し出す鏡”として、今も全國800面にわたるビジュアルで街に彩りを添えています。

      「BASSET WALKER(バセットウォーカー)」誕生
      アウトドアマインドの服をシティ感覚で著こなす。本物と言われるクオリティーとデザインの共存。誰もが持つ、內に秘めたエレガンスを引き出し、上品なライフスタイルへの憧れを、最高のクオリティーと時代性をとらえたファッションで提案。

      1977

      「Centralpark(セントラルパーク)」誕生
      東京?原宿カルチャーの象徴とも言える、文化人たちが集った「セントラルアパート」の1階に、コミュニティ?デベロッパー、カフェ「セントラルパーク」をオープン。インベーダーゲームに興じる文化人の姿も見られました。

      第1回ゴルフトーナメント開催
      サラゼンの名を冠した「ジーン?サラゼン ジュンクラシック」をJ.C.C.C.で開催。後援競技としてスタートしたゴルフトーナメントが82年にツアー競技として昇格し、多くのプロが參戦。彼が逝去した1999年までに、全23回の大會が開催されました。

      1979

      「Chateau Jun(シャトージュン)」誕生
      地域に根付く、丁寧なワイン造り。山梨県?勝沼町に直営のワイナリー「シャトージュン」を開設。自社醸造のワインは、現在では日本で唯一の國産ワインコンクールでの連続受賞を始め、各機関からも高い評価を得ています。

      「J-PLANET(ジェー?プラネット)」誕生
      音楽の世界からも情報を発信。ラジオのFM番組を始めMTVの制作などを手掛け、JUNが創造する心地よさを提供?,F在では音楽をキーワードに映像?デザイン制作やショップBGMのプロデュース?配信などクロスメディア?クリエイティブ集団として活動中。

      「STUDIO BARRICADE」 始動
      NY.のSOHOで始まった、倉庫を使ったクリエイティブワーク。その斬新なスタイルを、多目的ホールとして初めて日本に導入。東京?芝浦の倉庫に開設した「スタジオ?バリケード」は、さまざまなアート活動の場として親しまれました。

      「Soap Bubble Opera」開催
      日本初の奇抜なファッションショー。東京?芝浦の倉庫STUDIO BARRICADEで、國內初となるエンターテインメント性にあふれるショー「ソープバブルオペラ」を開催。派手な演出は、新たな流行や文化が生まれたと各界から注目されました。

      1981

      モータースポーツに協賛
      スポーツの分野では、當時注目を集めていた『ル?マン24時間耐久レース』でマツダのメインスポンサーとして參畫。スタッフユニフォームを提供し、レーシングカーへの派手な演出などが國內外で注目を浴びました。

      1982

      「CERCHIO(セルッチオ)」誕生
      “Simply Beautiful” 仕事にプライベートに。自分なりのライフスタイルをもったワーキングウーマンに、大人の魅力を最大限に引き出す、知的で洗練されたリアルクローズを提案。アルバード?ワトソン×キャロリン?マーフィーを起用したビジュアルが話題に。

      「studio NAFA(スタジオ ナファ)」誕生
      日本初のエアロビクス?フィットネススタジオ。東京?原宿のセントラルアパートに「スタジオ ナファ」をオープン。JUNはアメリカで大流行していたエアロビクスを日本に広め、フィットネス業界の礎を築き、業界のパイオニア的な役割を擔いました。

      1984

      「HISS MISS(ヒズミス)」誕生
      キーワードは彼の服を著る女性。マニッシュテイストをベースに知的な女性らしさを表現。ベーシックな物づくりに加えて時代のトレンドを「ヒズミス」らしく提案。

      「LUNA MATTINO(ルナ?マティーノ)」誕生
      ファッション界に一石を投じたブランド。その過激なまでの裝飾主義は、時代への挑戦。國內外から人気を博し、「ルナ軍団」なるカリスマダンサーが存在するなど社會的なブームに。ジョー?マッケナ×ブルース?ウェーバーのビジュアルも話題に。

      1987

      「JAYRO(ジャイロ)」誕生
      元気でセクシー、ちょっと目立ちたい。そんなスピリットをブレンドした、女の子のための遊び心いっぱいのブランド。若いOL層を中心に人気を博し、「JAYRO」のブランドロゴが入ったバッグが爆発的にヒットしました。

      「715 (セブンクォーター)」誕生
      毎朝7時15分に店を開け、日本一早くオープンするパン屋さんとして、焼き立てのパンを提供する「715」を東京?恵比壽にオープン。シナモンロールの人気は行列ができるほど絶大でした。

      「正裝院(ショウソウイン)」誕生
      “女を磨く場所として欠かせないのがパーティである”と、ブライダル?リース「正裝院」をオープン。ソシアルウエアデザイナー西村二郎氏のオリジナルを中心にバラエティに富んだ商品構成で展開。

      1990

      「ロペ倶楽部(ロペクラブ)」オープン
      「J.C.C.C.」の姉妹コースのゴルフ場としてオープン。なだらかな丘陵地に広がる解放感に満ちたコースが特長。敷地內から湧き出る天然溫泉の露天風呂に宿泊施設、サンタフェのムードあふれるテラスレストランなど、充実した施設は女性に人気が高い。

      「Adam et Ropé(アダム エ ロペ)」誕生
      男と女をイメージのひとつとし、世界各國からセレクトされたウエアや雑貨をオリジナルのアイテムとミックスコーディネイト。洗練されたファッションを“新時代流に解釈したクラシックなスタイル”で表現。

      「pour la frime(プーラ フリーム)」誕生
      おしゃれでクールな女の子に向けて、パリの街を颯爽と行く元気な女の子をイメージ。リーズナブルな価格でトレンドファッションを提案。

      1992

      「A.P.C(アー?ペー?セー)」と合弁會社設立
      フランスA.P.C社と「株式會社イースト?バイ?ウエスト」を設立。日本におけるアー?ペー?セーブランドの製造販売を開始。東京?代官山に路面店をオープンしました。

      1993

      「gaminerie(ギャミヌリィ)」誕生
      男の子みたいな元気あふれる女の子をイメージ。ユニセックスなフレンチテイストをベースに、少しだけアバンギャルドなエッセンスをプラス。ベーシックな服を楽しく大膽に。そしてユーモラスに著るスタイルを提案。

      1996

      「ViS(ビス)」誕生
      ギャミヌリィ、プーラフリームを中心とした複合型ストアとしてオープン。ショップ名はフランス語で“ネジ”のこと。いろいろなものをつなぎ合わせ、形を作るための大切なパーツというニュアンスを、商品セレクトの視點や店舗演出に表現。

      「Yellow Boots(イエローブーツ)」誕生
      西海岸の太陽?青空?海の広がるシーンをバックに、黃色いブーツを自分らしくはきこなすような、パワフルで活動的な女の子をイメージしたブランド。流行に敏感な今どきのティーンに向けて、スポーティー?ヘルシー?キュートなファションを提案。

      1997

      「bonjour records(ボンジュールレコード)」誕生
      音楽の発信においての新たなコンテンツとして東京?代官山に「ボンジュールレコード」をオープン。アートと並ぶ音楽をコンセプトに、ジャンル、國籍、時代を問わずセレクト。ゆったりとした展示スペースは従來の流れを変えた。

      1998

      「ROPé PICNIC(ロペピクニック)」誕生
      ピクニックに出かける時のような気分でカジュアルなライフスタイルを、生き生きとしなやかに楽しむ女性に向けて。雑貨を中心に、洗練されたフレンチデイリースタイルを提案。

      2000

      「JAYRO WHITE(ジャイロホワイト)」誕生
      Be here ~ 一番近くに ~
      いつでも、どんなときも。アナタの一番身近で、となりにいるブランド。アナタのとなりの、ここにあるブランド。JAYROの中にあるピュアで純粋なイメージを表現。

      2001

      「Motion Element(モーションエレメント)」誕生
      次世代のビジネスピープル像を創出するニューカテゴリーブランド。
      【Practical】=デザインのためのデザインに終わらない。極めて機能的?実用的なイノベーション。
      【Magical】=理屈では括れない遊び心があって初めて発生するクリエ―ション。次世代のビジネスピープル像を創出するニューカテゴリーブランド。

      2002

      「Optitude(オプティチュード)」誕生
      優雅な素質をもった聡明な女性。多様化するキャリアシーンの中で、自分らしいライフスタイルを求める女性たちのためにシンプル&モダンをキーワードに、モード感覚の刺激的なスタイルを提案。

      「montoak(モントーク)」誕生
      1970年代、オープンカフェの先駆けとして人気だった東京?原宿の「Café de Ropé」が、隠れ家的な“都會のラウンジ”モントークとしてオープン。ホテルのロビーをイメージしたカフェのはしりとして注目されました。

      2006

      東京コレクションに登場
      オプティチュードのオリジナルレーベル「リリシズム」が東京コレクションに初參加。

      2009

      「JUNRed(ジュンレッド)」誕生
      「JUNMEN」のセカンドライン。世代を超えた、バランス感覚に長けたトレンドな男、自分流のスタイルを完成させる術を持つ、今最も旬な男を理想像としたブランド。

      「Café de Ropé La mer(カフェ ド ロペ ラ メール)」オープン
      オープンカフェの先駆け「カフェ ド ロペ」の雰囲気をアレンジしたビーチハウスを、葉山?一式海岸にオープン。 こだわりのフードやドリンク、音楽イベントなど、青い海を一望できる気持ちのいい空間の中でスペシャルな大人の時間を提供。(※計5シーズン展開)

      2010

      「Biotop(ビオトープ)」誕生
      ライフスタイルショップの先駆け。東京?白金に、ツリーハウスを庭に構え、カフェを併設したエシカルなショップ「ビオトープ」をオープン。都會におけるリゾートライフをハイブリッドに編集。

      JUN & ROPE'(ジュン アンド ロペ)
      ゴルフコースやレッスンでも、毎日のお洋服のように自分らしく、おしゃれで可愛いコーディネイトがしたい!トレンドに敏感でアクティブな女性に向けて、ゴルフを気軽に楽しみ、著る人を元気にする大人可愛いゴルフウエアやグッズを展開。

      2012

      「Reefur(リーファー)」誕生
      思わず心踴る、梨花の世界観。東京?代官山に、梨花がディレクションするライフスタイルショップ「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」をオープン。日々進化する彼女ならではの審美眼で、世界中から本物志向のアイテムを集めたショップは2階建てのハウジングスタイル。6つの部屋で構成され、大人の女性の暮らしをカテゴリーごとに提案。

      「Adam et Ropé Le Magasin(アダム エ ロペ ル マガザン)」誕生
      アダム エ ロペから、モノを選び購入することで「しあわせ」を感じられる、海外のスーベニールショップのようなギフトショップが誕生。パリのKIOSQUE(キオスク)をイメージした5坪程度のユニット式店舗で、世界各國から集められた雑貨やワンマイルウエアを展開。

      「SATURDAYS SURF NYC(サタデーズ サーフ ニューヨーク)」日本初出店
      サーフィンをはじめ、ファッションやカルチャー、旅など多岐に渡るライフスタイルを提案している「SATURDAYS SURF NYC」のスタイルに同調し、株式會社クロスビー?イーストを設立。日本で初めて東京?代官山にショップオープン。
      ※現「SATURDAYS NEW YORK CITY(サタデーズ ニューヨーク シティ)」

      株式會社ジュン本社社屋を東京?港區港南から南青山に移転

      2013

      「SALON adam et ropé(サロン アダム エ ロペ)」誕生
      「Adam et ropé」のライフスタイルショップがデビュー。大好きな人と、大切な時間を。自分にも、相手にも、心地よい空間(SALON)を。素材の美味しさをぎゅっと閉じ込めたフードやデイリーにもおもてなしにも使えるウエアや生活雑貨。心と體に優しい、豊かな日常を衣?食?住で表現。

      「LE JUN(ル ジュン)」誕生
      “シンプルがいい、けれど普通じゃつまらない、日常を無理せず楽しく、自分らしく???”。ヨーロピアンテイストのシンプルなベーシックアイテムを、USUAL、WORK、TRIP、CARE、FAMILYの5つのシーンに合わせて提案するライフスタイルブランド。

      「「THE SURREY(ザ?サリィ)」誕生
      もっと自由に、もっと印象的に。大人の花嫁は、とびきりセンスよくワガママでいてほしいから。
      “解放~Free Your Mind~“をテーマに新しいウェディングを提案。シンプルで著心地のよいドレスから、花嫁に必要なファッションマインドあふれるアイテムまで幅広く展開。

      「MAISON KITSUNE(メゾン キツネ)」日本初出店
      株式會社メゾン?キツネ?ジャパンを設立。ファッション、ミュージック、デザイン、ライフスタイルを結びつけたユニークな體験を提案するショップとカフェを東京?青山にオープン。

      有限會社ソフの全株式を取得
      未來志向型 M&A が成立。日本國內にとどまらず、アジアにおいても確固たるブランド力と唯一無二のクリエーション力をもつ「SOPH.」を傘下とし、ジュングループの生産背景や販路など多角的な経営資源を活用して両社の強みを融合させ、未來にむけて発展的なビジネスを展開。

      「J’aDoRe JUN ONLINE(ジャドール ジュン オンライン)」オープン
      J’aDoReとはフランス語で大好き。毎日が楽しくなるライフスタイルを提案する、JUNグループのオンラインショッピングストアを開設。ウエアからワイン、音楽と、シーンに合わせて新しい感動や発見を屆けています。

      2014

      「the POOL aoyama(ザ?プール青山)」オープン
      東京?南青山にある1970年代初頭に建てられたヴィンテージマンションの1階。住人用の室內プールだった場所を當時の面影を殘し、藤原ヒロシディレクションによる期間限定のコンセプトストアがオープン。トレンドに流されない時代を超えた存在を目指し、世界に向けて東京の新しい価値を発信。

      2015

      「NERGY(ナージー)」誕生
      ファッションとスポーツの融合をコンセプトに、現代の日本人女性に向け、アクティブライフスタイルを提案するストアブランド、新業態ナージーを「NIKE」の協力のもと展開。女性の社會進出を支援。ファッション?ライフスタイルグッズ?ビューティー?フードの4コンテンツで構成。

      2016

      合言葉“YOU ARE CULTURE.”を発表
      すべての人に文化を重んじる生き方を実踐して欲しい、一人ひとりが文化を擔っていることを伝えたい。そんな思いを具現化すべく、お客さまと価値観を共有するための合言葉 “YOU ARE CULTURE.(ユーアーカルチャー) ”を、CMや新聞などのマスメディアを使って世の中に発信しました。

      「THE PARK?ING GINZA(ザ?パーキング銀座)」オープン
      『藤原ヒロシ』ディレクションによるプロジェクト第2弾。東京?銀座ソニービルに地下2層からなる、獨自の世界観を持つファッションやカルチャーのショップが集まった期間限定のコンセプトストアをオープン。70年代にオープンカフェの先駆けとして注目をあびた「Café de Ropé」銀座店も出店。

      2018

      「B.I.F BY NERGY(ビーアイエフ バイ ナージー)」誕生 
      武道は美道へ。日本人女性ならではの美しさを追求し、”武道”をコンセプトに生まれた日本発&日本初の新境地フィットネスを東京?原宿から始動。オリジナルで開発されたプログラムの基本は『姿勢』と『呼吸』。凜とした美しさを呼び覚まし、心と體を新たな美の境地へと導きます。
      FOLLOW
      CHINESE熟女熟妇1乱,风韵犹存的老熟妇岳,成年女人毛片免费观看中文,HDXXX中国女人